敢國神社

  1. ホーム
  2. 敢國神社

敢國神社について


敢國神社の御祭神

ph:敢國神社の御祭神

主 神
大彦命(おおひこのみこと)

配 神
少彦名命(すくなひこなのみこと)

配 神
金山比咩命(かなやまひめのみこと)


敢國神社の御由緒

ph:敢國神社の御由緒

古来伊賀の国の一宮として、当国の人々の総鎮守大氏神として、仰ぎまつってその霊徳に浴してまいりました。

創建年代は658年ですが、貞観の頃には神階五位を授けられ延喜の制には大社に列せられました。また延長年間には朝廷より社殿が修造せしめられ、南北朝時代には後村上天皇が行幸ましまして、数日間参籠あらせられ、社領の御加増もありました。徳川時代には藩主藤堂家の崇敬厚く、社殿調度の修営・神器社領の寄進・祭儀神事の復興などが行われました。明治4年5月国幣中社に列せられ今日に至っております。


敢國神社の略史

当神社は今から1300年以上前に創建されました。くわしくは、7世紀の中期658年に創建と当社には伝わっています。創建当時は大彦命(おおひこみこと)・少彦名命(すくなひこなのみこと)の二神で敢國神社が創建されました。

創建以前のお話になりますが、当社の主神である大彦命は、350年頃第8代孝元天皇の長子として大和の国に生まれ、大和朝廷創建期の武人と云われています。

ph:敢國神社の略史1

又、その子建沼河別命(たけぬなかわわけのみこと)と共に北陸・東海を征討する役目を負われ「四道将軍」のお一人として第10代崇神(すじん)天皇の詔により日本の東目の攻略を果たされた後、大彦命率いる一族は伊賀の国にお住みになり、その子孫は伊賀の国中広がっていきました。伊賀の国の阿拝(あえ)郡(現在の阿山郡は阿拝郡と山田郡が合併してできたもの)を中心に居住した為、阿拝氏を名乗るようになり、後に敢・阿閉・阿部・安倍と呼ばれるようになりました。「あえ」とは、「あべ」の原音であり、あべ姓の総祖神でもあると共に伊賀にお住まいの方の祖神でもあります。

又、古代伊賀地方には外来民族である秦(はた)族が伊賀地方に住んでおり彼らが信仰する神が当社の配神(はいしん)である少彦名命でありました。当時は現在の南宮山山頂付近にお祀りしていましたが、神社創建時には南宮山より現在地に遷してお祀りしています。このことから伊賀にお住みの方々はこの二神の混血の民族であると言っても過言ではないでしょう。

創建後、南宮山の社殿が山の下に遷された跡地に新しい神社の創建に当たっては当時の伊賀の有力な人達の頭を悩ましたことであろうと思われます。結局、美濃の国(現在の岐阜県)南宮大社の御祭神である金山比咩命(かなやまひめのみこと)を旧少彦名命の跡地に勧請しました。おそらくその頃南宮山(なんぐうさん)という名がついたのではないかと推測されます。

ph:敢國神社の略史2

その南宮山の金山比咩命が、敢國神社の本殿に合祀されたのは創建時より319年後の977年のことと記載されています。

ある日突然金山比咩命の社殿が激しい音をたててゆれ、止むと同時に社殿前の御神木の幹に、虫食いの跡が文字となって現れ「興阿倍久爾神同殿」と言う8文字の漢字でした。神官の報告を受けた当時の伊香守高則は、早々主家の藤原兼家に報告、直ちに御神慮に従って金山比咩命の遷座合祀が執り行われました。こうして当神社は三神をもって敢國神社・敢國津大神(あえくにつおおかみ)となって現在に至っております。

少彦名命を信仰する外来民族秦族は、色々な技術文化を日本に伝えています。たとえば伊賀の組紐伊賀焼・酒造等があります。又、芸能にもみられ、鎌倉時代に盛んになった能楽の祖と言われる観阿称は、伊賀の出身地であります。能楽が武士階級の娯楽に発展し、又、同じ頃に獅子神楽が庶民階級に発達していきました。当神社に伝わる獅子神楽(三重県無形文化財指定)もこの時期にできたものであろうと言われています。現在伊賀地方の各町で「町おこし」として執り行われている獅子神楽の原型とも言われ、伊勢下神楽に多大な影響を及ぼしたとも言われています。


敢國神社の御神徳

ph:敢國神社の御神徳

大彦命は第八代孝元天皇の皇子で、崇神天皇の御代四道将軍のお一人として北陸未開の地を教化した後、伊賀の国に永住せられ、国家繁栄の礎を築かれました。命の御遠征によるご活躍にあやかり、交通安全その他、健康長寿の神として御霊徳を仰がれて居ります。また少彦名命は医薬・酒造の祝神で、世に恵美須様と称し商売繁盛・大魚豊穣の守護神としてその御沢尽くるところがありません。

金山比咩命はその御名の如く採鉱冶金機械工業など、近代産業の霊験を垂れ給う守護神であらせられます。


三十六歌仙扁額

ph:三十六歌仙扁額

桃山時代末期の作と言われ、三十六歌仙を三人一組として12枚の扁額に描いています。
作者は、藤堂藩初期資料『公室年譜略』によれば、「山徳」の名前がみられるが、狩野派の画家「狩野山楽」の誤りではないかとも言われている。
尚、和歌の色紙は「近衛信基(近衛信尹の初名)」の筆とされています。県指定有形文化財


湯釜

ph:湯釜大ph:湯釜小

天正伊賀の乱にて荒廃した伊賀の地を復興させるあたり、まず社寺の復興を目指し慶長三年(1598年)小天狗清蔵により作られ奉納された湯釜。


宝物品の紹介

ph:宝物品01

「伊賀國一宮社記」

藤堂元甫撰
表紙 絹地用紙
鳥ノ子堅
宝暦6年(1767年)11月


ph:宝物品02

「伊賀國一宮社記」の見開き


ph:宝物品03

「敢國拾遺」(あえくにしゅうい)

藤堂元甫撰
表紙 絹地用紙
宝暦12年(1773年)8月


ph:宝物品04

「神領寄進状」

藤堂家より累代神領寄進状
全十通


PAGE TOP